ごあいさつ

  代表取締役社長
   鈴木 仁

大成機工は、昭和16年の創業以来、一貫して上下水道・ガス管路の維持管理に携わり、独自の製品・工法を開発し、常に業界をリードしてまいりました。 不断水工法により、断水することなく通水したまま既設管から分岐管を取り出す工事を可能とし、「不断水の大成機工」として水道界では社名が浸透しております。 また人の関節のように自在に動く伸縮可とう管「タイフレックス」など、地盤沈下や地震などから水道管路を守る製品群も耐震性能の高さが認められ、“技術の大成機工”として高い評価を頂いております。 最近では、大きな地震への対応のため、耐震管路の必要性が一段と強く叫ばれ、弊社製品・技術への期待もますます大きくなっております。 刻々と変化を続ける今日の社会にあって、立ち止まることなく常にその変化にすばやく対応していくことこそが、私たち大成機工に求められる使命と自任致し、日々技術の研鑽に邁進し、新製品・新工法の開発に積極的な取り組みを続けております。

また、昨今、海外水ビジネスへの取り組みが叫ばれる中、私たち大成機工は、古くから海外との技術交流にも取り組み、外国企業とのネットワークも拡大を続けております。 社是「感謝と報恩への努力」、創業者(矢野信吉)の最後の言葉「原点に戻れ」は、創業以来70余年を経ても変わらぬ私たち大成機工の信念として全社員の心に生き続けており、社業を通じて水道界へのご恩返しや、社会貢献への取り組みを一時も忘れることなく日々精進し、お客様のニーズに真にかなうものづくりを続けて参ります。

水道新世紀の発展に微力ながらも力を尽くしてまいる所存でございますので、これからも益々のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

このページのトップへ