製品紹介

その他製品

不断水電磁流量計設置工法

不断水電磁流量計設置工法写真:01
不断水電磁流量計設置工法写真:02
施工例

商品詳細

不断水電磁流量計設置工法は、既設管を断水せずに、通水したままで任意の場所に電磁流量計を設置する工法です。

特長

  • 不断水分岐工法により、既設配管の機能に影響を与えず任意の場所に設置することが可能です。
  • 測定範囲は、微小流量(0.01m/s相当流量)から大流量(5.00m/s相当流量)まで有しています。
  • 検出器は広範囲(呼び径50〜2000)の配管に対応できます。
  • 国内製作のため、メンテナンス及び校正も迅速に行えます。

 

製作サイズ

呼び径50〜2000